葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

真っ先に何をすればいいの?

大切な方が亡くなられたら…。

今はほとんどの方が病院で亡くなっていますので、死亡診断書を受け取り、ご遺体を搬送する葬儀社に連絡します。

特に決まったところが無ければ、病院が指定する業者に頼むことになりますが、もし、その業者が気に入らなかった場合、搬送後であっても断っても良いのです。ただ、搬送料として法外な請求をする悪徳業者も存在しますので、あらかじめ葬儀社を決めておくことをおすすめします。

葬儀の流れは、亡くなった次の日に通夜、その次の日に告別式となりますので、まず、ご遺体を安置する場所を決めます。

自宅の場合、神棚を白布で覆う「神棚封じ」をしておき、ご遺体を北枕、または西枕にして布団に寝かせ、枕元に「枕飾り」の準備をします。
「枕飾り」は葬儀社でご用意しますが、「枕飾り」とはロウソク立て・花立て・香炉の「三具足」の他、リン、線香立て、枕団子、枕飯を白布で覆った机の上に置いたもので、線香とロウソクの火を絶やさないように見守り続けます。

喪主は弔問をうけることと、さまざまな事に関しての最終確認をするのが役割となりますので、実際に葬儀を進行するにあたって「世話役」をお願いすることになります。

職場の上司や友人、または葬儀に詳しい知人に頼むケースが多いようですが、地域によっては町内会の役員が務める等の決まりがあるようです。主な「係」は、会計・受付・接待係ですが、式場以外の葬儀でしたら交通整理係や、台所を頼むお手伝いも必要となります。

葬儀社との打ち合わせにより通夜・告別式・火葬の日程を決めます。通夜ぶるまい、精進おとし、火葬場での接待などについての人数確認、飲食物の注文をします。葬儀社との打ち合わせの際は、必ず見積もりをとって内容の確認をしてください。

葬儀の「遺影」にする写真を決めておきます。弔問客が訪れはじめると、なかなか写真を探す時間がみつからなくなってしまうので、できるだけ早めに探しておきましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.