葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

納棺式

ご自宅等で布団に寝ている状態の故人を、お棺に納めることを「納棺」といい、亡くなった当日に行われます。

納棺の前に、御身体を清め、死装束に着替えさせますが、本来なら臨終直後におこなう「末期の水をとる」ことも、今ではこの時に行うことが多いようです。

あの世で渇きの苦しみが無いことを願って、脱脂綿に含ませた水で唇をしめらせます。

納棺の前に、御身体を清める「湯灌」を行います。
もともとは、逆さ水(水にお湯を加えたぬるま湯)をしたタライで、ご遺体を洗い清めるものでしたが、現在では専門の業者によって行われることが多いようで、葬儀社から連絡が行くようになっています。

湯灌専門の業者は、肌が見えないようにしながら、全身を丁寧に清めていきますが、故人に対する最後のお世話となりますから、ご家族も一緒にするようにしてください。

湯灌がすんだら死装束への着替えをおこないます。あの世に旅立つ仕度ですので、経かたびらを着せ、脚絆、白たび、わらじを履かせます。手には手甲をつけ、ずだ袋、数珠、杖を添えます。三角の頭巾は、最近ではあまりつけることが無くなったようです。

着替えが終わったら、女性なら死化粧、男性なら髪やヒゲを整えてあげてください。
弔問に訪れる人にとって、この世で最後に見るお顔となりますので、心を込めて、丁寧に整えてください。

もしも、事故等でご遺体が損傷していたり、最後の対面には美しいお顔を、と望まれる場合、「エンバーミング」という方法があります。この方法を施すと、まるで眠っているかのような穏やかな様子となります。

ここまでが、お棺に敷く白布の上でおこなわれますので、この後、ご遺族の手によってお棺に納めていただきます。
お棺のふたをするのは火葬への出棺のときとなります。

故人の愛用品や好きだった物を、お棺に入れることができますが、火葬のときに燃えにくいような物は、入れることができません。

いつもメガネをしていたから…と入れてあげたくなるとは思いますが、金属やガラス類は焼け残りや、お骨についてしまう等の原因となりますので、思い出の品としてお持ちください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.