葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

お通夜

通夜は本来、死者に邪霊がよりつかないように、夜を徹してお守りするために行われていたものです。

やがて、親族や親しい者が故人との最後の夜を一緒に過ごす、というかたちになり、今では2時間ほどの「半通夜」というのがほとんどのようのです。通夜では僧侶にお経をあげてもらい、焼香をし、その後、通夜ぶるまいをします。

通夜の開始時間は地域によって異なりますが、通常6時頃となります。夏場には7時から行うこともあります。

祭壇に向かって右側が親族、左側が世話役のほか一般の席で、共に故人との関わりが深い順に座ります

僧侶が到着したら接待係が、茶菓でおもてなしします。地域によっては、僧侶の送迎係を決めておくようです。

全員が席についたところで僧侶の入場となりますので、全員が黙礼してお向かえします。

30分から40分の読経の後、喪主から焼香となりますが、一般会葬者が焼香するときには、喪主から一礼します。

僧侶が退場するときにも、全員が黙礼します。

僧侶が通夜ぶるまいに出席しない場合は、「御膳料」を手渡して、世話役がお見送りします。(地域や宗教によって違いがあるようです)

喪主から会葬者への挨拶をし、終了となりますので、通夜ぶるまいをすすめます。
通夜ぶるまいの席順は、僧侶が上座となり、喪主はその隣へ、遺族は末席につきます。

通夜ぶるまいは、会葬者にたいして「故人のために足を運んでくださってありがとうございます」といった意味合いのものですが、喪主がお酌をしたり、挨拶にまわったりすることはありません。頃合をみて喪主がおひらきの挨拶をして、通夜ぶるまいの終了となります。

「半通夜」となった現代でも、ロウソクと線香の火は絶やさないように、近親者が交替で見守ります

※宿泊できる葬儀会場で通夜を行う場合、きっちりと人数分の「布団代」を請求するところがあります。全員が布団を使って同時に眠るわけではありませんから、実際に何組あればいいのか、必要なぶんだけ頼んでおくようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.