葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

告別式

本来、葬儀と告別式は分けて行われるものでした。

葬儀は遺族や近親者が故人の成仏を祈るもので、告別式は友人・知人が故人とお別れをするための儀式だからです。ですが、最近では特に分けることはなく「葬儀・告別式」をまとめておこなうことが多いようです。

葬儀会場の設定は、「質素に」とか「祭壇はいらないから花を飾って」などの故人の希望があればそれを優先して、そのうえ人数とのバランスを考えて決めましょう。通常、祭壇に向かって右が親族席、左が一般参列者席となりますが、親族の数が少ない方の場合、あまり席が空いていると寂しい感じがしますので、バランスをとった席づくりをしてください

弔電を確認し、式の司会者と進行について事前によく打ち合わせをしておきます。特に席順は、そのまま焼香の順番となりますから、再確認をお願いします。

弔辞は多くても三人ぐらいまでにして、一人あたり3分ぐらいになるような弔辞をお願いしましょう。後ほど礼状をおくったり、挨拶に伺ったりするときのために、花輪、供花、供物をおくってくれた方の名前は、係の人に控えておいてもらいましょう。

僧侶が到着したら接待係が控え室に案内して茶菓でもてなしますが、喪主は世話役とともに僧侶に挨拶に伺います。そのとき、式についてもよく話しをしておきます。

一般的な葬儀の流れは、[僧侶入場]→[読経]→[弔辞・弔電披露]→[焼香]→[僧侶退場]→[閉式]となります。

閉式となってから、「お別れの儀」となります。花や思い出の品をお棺に入れ、故人との最後のお別れをします。

お別れが終わったところでお棺のふたを閉じ、喪主から順に一人二回ずつ「釘打ちの儀」をしますが、あとから葬儀社の人がしっかりと釘を打ちつけるので、力を入れて打つことはありません。

遺族や親族の手で、お棺を霊柩車に移します。

火葬場へ向かう準備が整ったら、喪主から会葬者に謝辞をあらわす挨拶をしますが、このとき、位牌は喪主が持ち、遺影は喪主の次に関わりの深い遺族が持ちます。

出棺の際、故人が使っていた茶碗を割るなどの風習が数多くあります。
地域によってさまざまな例がありますので、地元の風習に従ってお見送りをしてあげてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.