葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

火葬

「火葬許可証」は、役所に死亡診断書を届け出て、受理されたときに交付されるものですが、「火葬許可証」がないと火葬することができません。通常、葬儀社が代行して手続きをおこないます。

火葬のあとに発行される「埋葬許可証」は、納骨の際に必要となるものです。火葬場で渡された後、無くさないように保管してください。

火葬場に持参するものは、遺影、位牌の他に、生花やお供物を持っていくこともあります。

火葬を控え室で待つ間、同行者にふるまう飲食物は喪家が用意し、お昼にさしかかるようであれば昼食を用意します。親族が分担して持ち寄ることもありますが、葬儀社に一括して頼まれる方が多いようです。葬儀社に頼んだ場合、お手伝いの人も一緒に派遣されますので、準備や後片付けの手間がなくなります。

「骨上げ」は、二人一組となって骨をはさみ上げ、骨壷に入れていくものです。係員が指示しますので、その通りにおこなってください。足の方から徐々に上半身へと移っていき、最後に喪主がノド仏を一番上に入れたところで、骨壷の蓋をします。

※もし、分骨(遺骨の一部を、菩提寺などに分けて納めること)をするなら、前もって葬儀社に伝えておくと良いと思います。分骨用の骨壷のご用意もできますし、骨上げの際、分骨用の骨をわけるようにします。

遺骨は喪主に渡されます。帰るときに、遺骨、遺影、位牌を持つ人が同じ車中になるようにしてください。遺骨は、忌明け(地域によりますが死後三十五日目か、四十九日目)まで、後飾りの祭壇に安置します。

戻ってから、「精進落とし」となります。「精進落とし」は、葬儀で世話になった方々に対するねぎらいの気持ちを込めておこなうものですので、遺族が末席に座り、おもてなしをします。喪主、あるいは親族代表者が挨拶をします。終わりの挨拶もおこないます。

僧侶は一番上の席に座ってもらいますが、辞退するような場合は「御膳料」として差し上げてください。1時間ぐらいを目安にして、お開きにすると良いでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.