葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌明け法要・納骨

仏教では、亡くなった日から七日ごとに法要をおこない、四十九日で故人の魂が家から離れ、あの世の者となる、ということから「忌明け」となります。(地域によっては三十五日)

亡くなった当日から数えて7日目が「初七日の法要」となりますが、最近では、葬儀のときに遺骨をお迎えする「還骨勤行」の法要とあわせて行うことが多いようです。

同じように、亡くなった日かから数えて7日ごとに、14日めが「二七法要」、21日目が「三七法要」となっていきます。僧侶にお経をあげてもらい成仏を祈りますが、遺族や近親者のみでおこなわれることが多いようです。

忌明けとなる四十九日には「七七回忌」の法要をおこない、それまでは家に留まっていた故人の魂が、極楽へと往生することを祈ります。親族だけではなく、故人の友人やお世話になった方々をお招きする法要となります

ちょうど49日目に行えれば良いのですが、平日にあたって都合がつかない場合、必ず「49日より前」にしてください。日時と場所を決めたら、3週間前までには、法要にお招きする方へ、返信用のハガキを添えた案内状を郵送します。

僧侶への御布施(読経料です)の準備をします。その他、送迎の有無によっては「御車代」を、法要後のお清めに出席しないのであれば「御膳料」も準備します。

「忌明け法要」の後、納骨を行います。

納骨には、火葬のときに渡されている「埋葬許可証」が必要となります

納骨するのは七七回忌の日でなくてもかまいません。地域によっては一周忌に納骨する所もあります。墓地への納骨の際には、主に遺族や親戚等を呼んで、僧侶による「納骨式」を行います。僧侶にお経をあげてもらい、遺骨をお墓の“納骨室”に納め、焼香して故人の冥福を祈ります。墓石を動かす必要があるので、専門の石屋さんに連絡しておいてください。

「喪に服す」という言葉は、みなさんがよく耳にしていると思います。明治時代の「服忌令」をもとにしているため、本来は実に細かい決まり事があったのですが、現代では忌中は四十九日、喪中は1年間までと考え、その間、年賀状は出さず、お正月の神社への参拝等もしません。忌明けの四十九日が過ぎるまでは、慶事への出席も、控えます

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.