葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

誠実な見積書ですか?

皆さんは、大きな買い物をするときには「見積書」をとりますよね?

葬儀は買い物とは違いますが、大金を支払うことには変わりありません。

葬儀の場合、気持ちが動転していることに加えて、時間に追われることもあり、ついつい見落とす項目が多くなっているかもしれません。

誠実に葬儀をおこなう気持ちがある葬儀社なら、きちんとした見積書を作成し、ご遺族の納得がいくまで説明するのがあたりまえです。

見積書の書き方にも注意してみてください。たとえば、「葬儀一式」や「精進落とし代」など、おおざっぱな書き方ではありませんか?

さまざまな項目が組み合わされて「葬儀一式」となるのですから、項目別に詳細が記されていなければ、最終的にどのくらいの金額になるのか、まったく見当がつかないはずです。

「葬儀一式」といえば、祭壇、お棺、遺影、お骨壷、枕飾り、後飾り、会場使用料、それに火葬場使用料、ドライアイスや霊柩車などの車両費、サービス料などの項目が加わります。

さらに、飲食にかかる費用と返礼品、お寺へのお布施を合わせた金額が、「葬儀にかかる総額」となります。葬儀社が関係するのは「お布施以外のもの」についてですが、それぞれの項目について詳しい説明がなされているかどうか、注意して見てください。

「お棺」と「祭壇」にはランクがあります。何の断りもなく“最上級のもの”を使用されたりすると、何十万も金額が違ってきますから、まずランクの確認をしてください。「生花による祭壇装飾」も、金額が大きく変わるところです。生花の種類や使用量は、具体的に聞いてみてください

「ドライアイス」や「車両費等」は、何日分まで、何kmまでの金額なのか、確かめてくださいサービス料についても、「こういった内容のものです」といった説明があってしかるべき、ですね。

こういったことを確認したときに、親切・丁寧に、解りやすく答えてくれるのが良い葬儀社です。お客様に聞かれて、困るようなことが何もなければ、何もごまかす必要はないのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.