葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一方的に話す人は…

世の中には、実にさまざまな職業が存在しています。

その「職」に就いた人は、それぞれに知識と経験を積み重ねながら、その道の「プロ」となっていきます。

葬儀業界もひとつの職業ですから、当然、葬儀社の従業員は「葬儀のプロ」ということになります。

皆さんに葬儀についての感想を求めた場合、おそらく「どうも内容がハッキリわからない…」と答える方が多いのではないでしょうか。

葬儀社の従業員は、わからない部分について詳しく説明し、お客様の疑問や不安を取り除くためにいる、と言っても過言ではないと思います。

ふだん何気なく毎日を過ごしていると、葬儀について詳しく知る機会はほとんど無いと思いますが、葬儀社の従業員は、葬儀を日々の勤めとしているのですから、経験に基づいた幅広い知識を持っているはずです。

葬儀のときには、葬儀社の従業員が必要なものを揃えたり、段取りをしたりする等のお手伝いをしますが、そのときの従業員の応対で葬儀社のイメージが左右されると思います。

葬儀のトラブルの中で、最も多いのは料金のことだと思います。
「葬儀の内容は、わかりにくい」と言われるのも、料金についてちゃんとした説明がされていなかったり、最悪の場合ごまかしたりする心ない葬儀社がいるからです。

「立て板に水」のごとく、流れるような営業トークを繰り広げる葬儀社の従業員がいたとします。ためになる話なら、それはそれで良いと思いますが、気をつけて欲しい葬儀社の従業員のタイプは「一方的に話す人」です。

例えば、どんなに「この葬儀プランは絶対お得です」と力説したとしても、お客様から「ここはどうなっているの?」と質問されたときに答えられなかったとしたら、その従業員の勉強不足か、あるいは聞かれたら困るのか、どちらかです。

もっと性質(たち)の悪い葬儀社なら、具体的な金額を明かしたくないために、軽妙な営業トークでごまかすという手段をとることがあります。

知りたいことに対して、きちんと答えてくれること。
これが良い従業員の見分け方であり、良い従業員がいることが良い葬儀社であると思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.