葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

葬儀が終わって、もう一仕事

葬儀が一通り終わったあとでも、まだやらなくてはいけない仕事があります。

まず、会葬者の名簿や香典帳、香典を係の者から引き継ぎますが、後のトラブルの元とならないように、よく確認してから受け取ってください。

供花、花環、弔電を送ってくれた方の名簿も、後で御礼状を送るために必要になりますから、忘れずに受け取ってください。

お手伝いの方には、すべて領収書をもらっておくように頼んでおいて、後ほど精算します。お手伝いをしてくれた方たちにも、御礼の品か心づけを用意します。

僧侶に対する「お布施」の金額については、決まりはありません。解らないときには、僧侶に相談すると良いと思います。

葬儀社からの請求は数日後となりますので、支払いの準備をしておきます。

葬儀でお世話になった方たちへ「挨拶まわり」をします。できれば翌日、おそくとも初七日までには挨拶に伺いましょう。菓子折りなどを持参し、僧侶や葬儀委員長、ご近所、故人とお付き合いの深さの順にまわります。故人が会社に勤めていたなら、会社へも挨拶へ伺います。

会葬礼状は、今では当日に渡すのが通例のようですが、遠方から香典を送ってくださった方等にはあらためて礼状を書きましょう。供花、花環、弔電を送ってくれた方にも同様です。

「形見分け」をする場合、物を包んだりせずそのまま渡します。高価な宝石等は、相続税の課税対象になるかもしれませんから、注意しましょう。

故人名で契約していたものを「名義変更」します。預貯金、年金、生命保険、健康保険等をはじめ、家や土地等、公共料金の支払い、すべて名義変更の手続きをする必要があります。手続きには期限を設けているものもありますので、できるだけ早いうちに各関係機関に相談して、手続きを済ませてください。

故人が国民健康保険、社会健康保険の被保険者だった場合、埋葬料が支給されます。

故人の所得税について確定申告をする必要があります。他にも相続税に関することもありますので、税務署や税理士等の専門家に問い合せてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.