葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

後飾り(あとかざり)

火葬場から戻ってから四十九日の忌明けまでのあいだ、遺骨を安置する祭壇のことを「後飾り祭壇」といい、満中陰(49日)までの祭壇ということから、「中陰壇」とも呼ばれています。

後飾りを設置する場所は、仏壇のあるご家庭なら仏壇の前に、無い場合は部屋の北か西に置くのがしきたりで、2段か3段の小机等に白い布をかけて作ります。

祭壇の上段に遺骨を、遺影、位牌、香炉、燭台、線香、生花、供物、りんを下段に置き、四十九日の忌明けを迎えるまでの毎日、ろうそくを灯し、線香をあげ、故人を供養し、弔問客も後飾り祭壇にお参りしていただきます。四十九日を過ぎると後飾り祭壇は不要となります。

地域で指定された分別方法に基づいていれば、ご自分で処分されてもかまいません。どうしてもゴミとして処分する事に抵抗があるという方は、仏壇専門店に依頼することもできますが、有料の場合が多いので事前にご確認ください。
また、四十九日までの白木位牌は菩提寺にお納めし、新しく作った漆塗りの本位牌には、ご住職によって“魂入れ”をしていただきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.