葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

案(あん)※神道

「案」は、神式の葬儀に用いられる白木でできた小机や台のことで、玉串をのせる玉串案、食べ物をのせる餞案というように、上にのせる物によって呼び名が変わってきます。

仏式において遺体を安置して枕飾りをすることに相当するのが、神式の“枕直し”となりますが、枕直しに必要なものを置く小机を「白木八足の案」といいます。

「白木八足の案」の机は、左右4本ずつ、合計8本脚になっているのが特徴で、この上に榊、ろうそく、塩、米、水、御神酒、他に守り刀(小袋に入れた刃物)を置きます。

「常饌」には、故人が生前使用していた食器に常食していたものを供えますが、神道ではなまぐさ物を禁じていませんので、魚や肉などをお供えしても一向にさしつかえありません。

枕直しが整ったところで、氏子となっている神社に連絡をします。

仏式の焼香にあたる“玉串奉奠たまぐしほうてん“は、最も特徴的な神式の儀式のひとつで、「玉串と供に私の心を神にささげます」という意味をもって行なわれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.