葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

安置(あんち)

「安置」とは、葬儀の日までご遺体を寝かせておくことを言いますが、日本の法律では死後24時間以上経過しなければ火葬することが出来ませんから、それまでご遺体を安置する場所を決めておく必要があります。

現在では大部分の方が病院で亡くなられていますので、病院から安置場所へご遺体を搬送しなければなりません。事前に葬儀社を決めていない場合、病院から葬儀社を紹介されるのですが、残念ながらそれが良い葬儀社だとは限りません。搬送=葬儀依頼ではありませんので、説明が不十分だったり、不親切に感じる業者であれば、搬送後に別な葬儀社に依頼しても問題はありません。

ご遺体の安置場所としては、自宅へ帰りたい、思い出のある自宅からあの世へと旅立ちたい、という思いからでしょうか、自宅が最も多いようです

なんらかの理由で葬儀までの日数があいてしまう場合や、住宅事情等によってご自宅に連れて帰れないときには、葬儀式場や火葬場の霊安室に安置することも出来ますし、ご遺族も宿泊可能な「一時安置サービス」を提供する葬儀社もあります。

納棺までの間、頭を北に向かせた「北枕」で安置しますが、これはお釈迦様が涅槃(悟りの境地)に入ったときに頭を北にした姿勢であったことに由来しています。

北枕にできない時は、極楽浄土があるといわれる西に向かせた「西枕」にします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.