葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遺骨迎え(いこつむかえ)

「遺骨迎え」は、火葬場から戻った遺骨を自宅にお迎えして安置することを言い、「遺骨迎えの儀」は、祭壇に安置した後、僧侶にお経をあげてもらい、遺族等が焼香をする儀式のことを言います。(→換骨回向、換骨勤行)

地域によっては火葬後に葬儀を行なったり、火葬後すぐに墓地に納めるところもありますが、多くの場合、火葬された遺骨(焼骨)はいったん自宅に戻り、忌明けまでの49日間、祭壇に安置されます。

ろうそく、線香、生花、供物等で飾りつけをして白布をかけた祭壇を“後飾り祭壇”といいますが、中陰(人間の死後、次の生を得るまでの期間)が49日間であることから、“中陰飾り祭壇”とも言われます。(宗派によっては、祭壇に安置することなく、すぐに仏壇に納めるところもあります)

火葬場から戻り、自宅に入る前には、塩と水で“お清め”をします。火葬場に同行しなかった遺族以外の人から、ヒシャクで両手に水をかけてもらう“清めの手洗い”と、肩や背中に塩をふってもらう“清めの塩”がありますが、宗派によっては“踏み塩”をしたり、どちらも行なわない場合もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.