葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

位牌(いはい)

「位牌」とは、中国の儒教に由来するもので、鎌倉時代、禅僧によって日本に持ち込まれました。表に戒名、裏に俗名や享年・没年月日などを記した木製の碑で、祭壇や仏壇に安置して霊をまつるために用いられるものです

葬儀から四十九日までは白木の位牌を使いますが、これは仮の位牌となりますので、四十九日の忌明けとともに、漆塗りの本位牌にかえなければいけません。(宗派によって位牌を用いないところもあります)忌明け法要までに本位牌の準備をして、僧侶による開眼供養を行いますが、白木の位牌は菩提寺に預かってもらいます。
黒の漆塗りが一般的だった本位牌も、現代の生活様式の変化に合わせて、モダンなインテリア感覚のものも作られるようになりました

仏壇に位牌をまつる場所は、宗派によっていくぶん違いはありますが、ご本尊より下段に、というのが基本です。ご本尊より大きくならないように、バランスをみてください。もし、仏壇に複数の本位牌をまつる場合は、向かって右側が上座となります。

位牌は、故人の霊魂が宿る場所でもありますので、丁寧なお手入れを欠かさないようにしましょう

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.