葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

引導(いんどう)

「引導」とは、説法などによって仏の道に引き導くことをいい、本来は生きている人間に対して使われた言葉でしたが、今では故人の成仏を願い、悟りをもって浄土へ導かれてほしい、という思いを込めて死者に対して使われています。

引導を渡す、という言葉は、相手の生命の終わりや完全にあきらめるように観念させる、といった意味で使われますが、葬儀では別な意味で使われています

葬儀の中で、僧侶による読経のあとに“引導渡し”が行なわれますが、これは故人に対して「あなたは既にこの世の者ではないので、俗世間への思いを断ち切り、迷わず浄土へ向かい、仏に帰依しなさい」といった意味あいを含めた言葉をおくるものです。

引導渡しの作法は宗派によって違いがありますが、死者を弔う葬儀の中では重要な過程となります。現在では、フリガナをつけて、分かりやすい説明をつけたお経の小冊子を配布する所も多くなりましたので、一度じっくりと読んでみるのも良いかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.