葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌払い(いみばらい)

仏式では、本来、忌明けとなる四十九日までの間、殺生を避けるために、獣や魚等の命をうばうこととなる肉・魚を使った料理を口にしないしきたりになっています。

もともとの「忌払い」の意味は、四十九日が過ぎて忌明けとなり、普段の食生活に戻ることを指していましたが、現代ではかなり違った意味の使われ方をしています。

葬儀でお世話になった方達への御礼として設ける席、またはその料理のことを「忌払い」と言うようになりましたが、“精進落とし”という言い方の方が、耳にする機会が多いかもしれません。呼び方は異なっていても、亡くなった方の安らかな成仏のために、「殺生」をつつしみ、命を尊ぶ心に変わりはありません

時代の流れとともに食生活も大きく変化し、料理の内容についても、あまりこだわらないようになりました。御礼の意味で用意される料理、という点から考えれば、肉や魚を使ったおいしい料理も良いと思いますが、本来の意味から考えれば、やはり殺生をつつしんだ精進料理がふさわしいような気がします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.