葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一膳飯(いちぜんめし)

安置されたご遺体の枕元に飾る祭壇を“枕飾り”と言いますが、枕飾りにお供えするものの一つに「一膳飯」があり、死者にとってはこの世での最後の食事となるものです。

「一膳飯」は「枕飯」とも言い、故人が生前つかっていた飯茶碗に、御飯を丸く大盛りによそい、同じく故人がつかっていた箸を、御飯の中央に垂直につき立てます。

丸く盛られた御飯は魂を表し、箸は霊魂の依り代と考えられています。2つの茶碗それぞれにギュッと御飯をつめてから上下をあわせ、上部の茶碗をソッとはずすと、御飯をきれいな丸型に盛り付けることができます。

一膳飯を供えるときには、御飯を新しく炊いてください。通常、米一合を炊いて、炊飯器に米が一粒も残らないように、全て飯茶碗に盛り付けます。

これは、「死者のために用意したものであって、生きている者が食べるものではない」ということに由来するようですが、一膳飯にはさまざまな考え方があり、宗派や地域によっては一膳飯を供える習慣が無いところもあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.