葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

院号(いんごう)

「院号」とは、社会的に大きな貢献をして功績を残した人や、身分や地位が相当に高い人、寺の建立などを行なって寺院に尽くした人に贈られる特別な戒名のことです。最高位のものが院殿、次いで院という順になっています。

位牌等に書かれている戒名を見ると漢字がいくつも並んでいますが、本来、「あの世に行けば身分の高低にかかわらず平等である」という考えから、戒名は皆2文字でした。後に院号、道号、位号が加わって字数が増え、今では総称して戒名と呼びます。

例えば、【□□院殿△△○○居士】とあった場合、□□院殿が院号、△△が道号、○○が戒名、居士が位号となります。

道号は仏教を会得した特別な人におくられる尊称で、中国から日本に伝わってから戒名の上につけられるようになりました。戒名の下につけられる位号は、性別や年齢をあらわしています。

戒名は生前の行いに対して贈られるものですし、字数が多ければ良いとか、少ないから成仏できない等は迷信です。「高いお金を支払えば良い戒名がもらえる」等といった、戒名をお金で買うような考えは誤っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.