葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

一周忌法要(いっしゅうきほうよう)

故人が亡くなった日から、ちょうど1年後にあたる祥月命日(しょうげつめいにち)におこなう法要を「一周忌法要」といいなす。

一周忌法要は、読経、焼香、法話、会食という流れで行なわれ、当日にお墓参りをするのが一般的で、ご遺族はこの日以降から喪あけとなります。

法要の会場は自宅や寺院が多く、祥月命日に行なうことが難しければ、命日よりも早い日に行なうようにしてください。(実際の命日より遅くならないようにします)

日取りが決まったら、菩提寺に法要の依頼をし、参列してほしい方々へ往復はがきで案内状を出します。遅くとも1ヶ月前までには出すようにして下さい。

法要での会食内容は昔ほどのこだわりは無くなりましたが、やはり、精進の意味をこめて、法要の席に合うものが好まれるようです。

もし、僧侶が会食せずに退席する場合は、“御膳料”を用意します。僧侶へのお布施に決まった金額はありませんが、お布施以外に“御車代”を渡すのが通例です。

準備することが多くて忙しいと思いますが、皆でお墓参りに行ったときに、お墓が汚れていたり、雑草が茂っているようでは、せっかくの法要がだいなしです。お墓もきれいにお手入れしてください

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.