葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

氏子(うじこ)※神道

神道の信者を総称して氏子(うじこ)と呼びます。

臨終を迎えたらすみやかに故人が氏子となっている神社へ連絡し、葬儀についての依頼をします。

神道の葬儀は、本来なら産土神(うぶずながみ・故人の生まれた土地を守護している神様、神社)にて行うものですが、既に遠く離れている場合は、現在住んでいるところで行ないます。

昔の人が神様として信仰したのは、太陽や山などを神格化した自然神でした。そのため、祀られる対象となる神様は数多く存在し、住んでいる土地ごとにお祀りする神様は異なっています。

遠い昔から、人が暮らす土地には神社があり、その神社で祀られる神様を氏神様とよび、信仰と心のよりどころとされてきました。

「村の鎮守の神様の今日はめでたいお祭日…」という唱歌にも表されているように、村(地域)を守護する神社があり、人々は氏神様を敬い、お供え物をし、祀ってきたのです。

本来の氏子の意味は、「氏神様に守護されている子」というものですから、同じ神社を信仰する地域に住み、氏神様を崇敬のする人々すべてを示すものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.