葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

打敷(うちしき)

仏壇の中に敷く敷物のことを「打敷」といいます。

宗派によって三角形、長方形の違いはありますが、普段は使わないことは共通しています。打敷を飾るのは、お盆、お彼岸、お正月、法要のときなどで、打敷をたとえて言えば、特別な日のための正装といった感じのものです。

仏前の三具足をおく敷物として使われているのは、お釈迦様が説法されているときに敷物としていた布を、亡くなられた後、卓の敷物としたことに由来しています。

打敷には金糸銀糸で美しい刺繍が施されていますが、これは、古来から極楽浄土や仏教の世界をあらわす手法として刺繍が用いられてきたからです。

色や柄については好みで選んでかまわないのですが、夏用・冬用があり、季節にあった色、柄、生地を使い分けるようになっています。

めったに使わないものですので、保管しているうちに傷んでくることがあります。色あせ、糸のほつれ、汚れ等は、専門の業者に補修を依頼し、大切にしてください。汚れが付きにくくなる加工をしてくれる所もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.