葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

盂蘭盆会(うらぼんえ)

7月13日~16日、あるいは8月13日~16日の4日間、盆棚づくりをして先祖の霊を迎え、供養する期間を「お盆」といいますが、お盆の正式名称が「盂蘭盆会」です。

盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、インドの古典言語であるサンスクリット語で“逆さ吊り”という意味のウラバンナ(ullambana)を、漢字を用いて書き表したもので、盂蘭盆会の由来となっているのは、お釈迦様の教えです。

「餓鬼道に落ちた母を救いたい」とお釈迦様に相談した弟子に対し、「7月15日に僧侶を招き、多くの供物を捧げて供養すれば救われる」と仰られました。その通りに供養すると母は救われた、ということから盂蘭盆会は「逆さ吊りにされるような苦しみから救う供養」となったのです。

また、お盆にはご先祖様の霊がこの世に戻ってきて、生きている皆と一緒に過ごすとされています。そのため、13日の夕方ご先祖様の霊を“迎え火”を焚いてお迎えし、期間中は僧侶による読経、お墓参り、飲食による供養をおこない、16日の夕方にはご先祖様の霊をお送りするために“送り火”をするのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.