葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

上机(うわづくえ)

「上机」または「上卓」とは、中型以上の仏壇で、三具足や仏飯器、茶湯器を置くために使われる小型の机のことを言います。

宗派によっていくらかの違いはありますが、三具足は仏具の基本となるもので、花立、香炉、燭台の3つのことを言い、花立2個、香炉1個、燭台2個(合計5個)を、五具足といいます。

花立に活ける生花、香炉で焚くお香、燭台のろうそく…この3つにはそれぞれ意味があります。いろいろな説がありますが、香を焚くことで心身を清め、天に向かって伸びる花は清らかで美しい心を表し、ろうそくの灯明を仏様のありがたい智慧にみたてていると言われています。花の種類は問いませんが、匂いのキツイものや造花はふさわしくありません。

三具足を置く場所は、向かって左から花立・香炉・燭台の順で、五具足の場合は花立・燭台・香炉・燭台・花立となります。材質やデザインについては、浄土真宗以外でしたら特に決まりはなく、最近ではガラス製の美しいもの等の人気があるようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.