葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

永代供養墓(えいだいくようはか)

永代供養とは、何らかの事情によって供養することが出来ない、または後継者がいない人に代わって、お寺が責任をもって供養を続けることをいいます。

永代供養の場合、遺骨は他の人と一緒に納骨堂、あるいは共同の墓に納骨されるため、一般の墓に対して「永代供養墓」という呼び方をします。

永代供養墓は、納骨堂に遺骨を納めるタイプ、大きなお墓の地下納骨堂へ合同で納めるタイプ、そして個別墓タイプの3つに分かれています。費用は30~50万円位のところが多く、墓のタイプや納骨方法によって金額が変わってきます。(合同墓であれば墓石代が必要ありませんので、そのぶん費用を抑えることができます)

納骨後にお寺が行なってくれる供養は、お盆、彼岸の合同供養、祥月命日供養、回忌供養などで、他にもさまざまな管理もおこないます。

費用にはいっさいの供養・管理を含むので、その後の支払いはありませんが、生前申し込みをした場合、年会費や維持管理費を支払うところが多いようです。また、「無宗教、宗派問わず」となっている所でも、帰依や檀家となることを条件付けているところもありますので、事前によく確認してください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.