葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

御膳料・御車代(おぜんりょう・おくるまだい)

僧侶へ対する御礼の種類としては、僧侶の読経、戒名、葬儀全般への御礼の「お布施」、足を運んでくれた場合に交通費として用意する「御車代」、僧侶が会食の席を辞退したとき、または膳をつけないときに渡す「御膳料」があります。

来のお布施の意味は、ありがたい仏の教えを頂いたことへの感謝のしるしとして、自分の力で出来る限りの施しをすることです。

宗派や地域によってさまざまなケースがあり、これといった規定も無いので、戸惑う方も多いと思います。こういう場合、直接、お寺に尋ねたとしても失礼にはあたりませんし、檀家の方に相場を伺うのも良いでしょう。

渡し方は、表書きをした半紙か白封筒に包んで、文字が相手に読めるように小型のお盆にのせ、菓子折り等を添えて渡します。基本的に、手から手へ渡すということはしません。

故人を偲び、思い出を語り合いながら食事を共にする席は、仏事のひとつであり、主となるのは有り難いお経や法話です。本来の精進料理とまではいかなくても、あまり仏事から離れた内容にならないよう、気をつけたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.