葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

納めの式(おさめのしき)

火葬には遺族、親族のほか、故人と親しかった人が同行しますが、喪主が位牌を持ち、ほかの遺族が遺影を持って火葬場へ向かいます。また、「火葬許可証」がなければ火葬することができませんので、忘れないようにしてください。
火葬場についたら、火葬炉の前にお柩を安置し、「納めの式」をおこないます。納めの式は、僧侶の読経からはじまり、焼香、遺族による最後のお別れとなりますが、火葬場によって作法が異なるところもあります。

納めの式が終わったところで、お柩が火葬炉へ入れられますが、このときは全員が合掌してお見送りします。

大切な人が安置された柩が、火葬炉の中へと消えてゆくシーンを目の当たりにするのは、精神的に苦しいものです。葬儀の間こらえていた感情が、いっきにあふれ出る遺族も多いようなので、周囲の人はしっかりと支えてあげてください。

火葬を待つ間、いったん自宅に戻るか、火葬場の中で待つかは、地域によって異なりますが、火葬場で待つ場合は、控え室で菓子、酒などでもてなし、お昼時でしたら食事を用意します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.