葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

お別れの儀(おわかれのぎ)

「お別れの儀」とは、葬儀、告別式が閉式となった後、火葬へと向かう出棺を前にして、遺族などの近親者が花を手向けたり、お別れを告げるときのことです。このときお柩に入れる花は、主に供花の茎を短く切ったものが使われ、“別れ花”と言われています。(短く切らずに、そのまま手向ける所もあります)

「お別れの儀」のあと、お柩のフタに釘打ちしてしまうので、遺族の悲しみがこみ上げてくる場面でもあります。

花と一緒に、故人が愛用していた物を入れることもありますが、火葬の際、燃えにくいものを入れないように気をつけましょう。

「あの世でも大好きな本が読めるように」という思いやりの心でメガネを入れたとしても、燃え残ってしまったり、骨についてしまうこともありますので、そういう品物は、故人を偲ぶ品としてお手元において下さい。メガネの他にも愛用のライター、杖、鏡、アクセサリー等、金属類・ガラス類は、お柩に入れないようにします。

「お別れの儀」の間、近親者以外の参列者たちは、会場の外で待つようになりますが、このときに大声で談笑するようなことは厳禁です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.