葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

開眼供養(かいがんくよう)

「開眼供養」は「入魂式」とも言われ、 新しくつくられた仏像の目を最後に書き入れ、魂を入れる法要を行なったことから由来しています。

お墓が完成したときや、仏壇を購入したとき、または位牌に対して行なわれるもので、魂を入れる儀式を行なうことによって、単なる「物」から「礼拝の対象」となるのです。

供花とろうそく一対、線香、菓子や果物等の供物を用意し、僧侶による読経のあと焼香を行いますが、供養するまではお墓は石、仏壇も置物と同じようになってしまうので、欠かすことができない供養です。

供養の時期については特に決まりはありませんが、いつまでも「物」のままにしておくのはあまり良いことではありません。新盆や彼岸、または四十九日や一周忌などの人が集まる法要の機会に、併せて行なうことが多いようです。

逆に、古くなって傷んだ仏壇や墓石等は、「魂ぬき」をして「物」に戻してからしかるべき処置をします。石材店、仏壇専門店に連絡をすると、適切な対応をしてくれます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.