葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

会葬礼状(かいそうれいじょう)

「会葬礼状」とは、喪主が参列してくださった御礼を申し上げるかわりに、参列者ひとりひとりにお渡しする礼状のことを言います。正式には葬儀がおわってから1~2日のうちに郵送するものですが、今では小袋に入ったお清めの塩、ハンカチ等の会葬御礼品と一緒に、受付でお渡しすることが多いようです。

会葬礼状は、会葬予定人数より多めに手配し、故人との続柄は喪主から見た関係で作成します。宛名は書きません。印刷する枚数は、故人と遺族の交際範囲を合わせて考えますが、年賀状の枚数を目安とするのも良い方法だと思います。

文面については用意された定型文の中から選ぶことが多いのですが、最近では自分で文面を考えたオリジナルの会葬礼状も増えてきました。ほかにも、背景に故郷の風景画像をとり入れたり、故人が遺したメッセージを写真と一緒に載せるケースもあるようです。

また、葬儀には参列せず、香典、弔電、供花、供物等を頂いた方へ対しては、会葬礼状とは文面を別にしてお礼の手紙を出しますが、このときの手紙は手書きにして、できるだけ早く御礼の気持ちを伝えるようにします

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.