葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

戒名、法名、法号(かいみょう、ほうみょう、ほうごう)

僧が死者におくる名前のように思われている「戒名」ですが、本来は生きているうちに与えられるものでした。

戒名の起源は、仏門に入って修行に励み、僧侶として戒律を守ることを誓い、仏弟子になった証として師から与えられたものなのです。日本で「戒名」が広まっていったのは江戸時代以降で、檀家制度の定着とともに一般的になっていきました。

現在では死者に対して葬式のときに受戒させ、仏弟子として浄土へ送るという“没後作僧(もつごさそう)”が一般化していますが、生前に戒名の授与を受け、仏の教えを守りながら生きてゆこうという生前授与の考えも普及しつつあります。

今では院号・道号・戒名・位号を合わせた全体を「戒名」と呼んでいますが、「どんな身分の人間であっても、仏の世界では平等である」ということから、本来の戒名は皆、2文字でした。

院号、道号、位号は後に加わったもので、院号は生前の功績が大きかった人に贈られる特別な戒名、道号は仏教を会得した人におくられる尊称、位号は性別や年齢をあらわしたものとなっています。

また、戒名は宗派によって呼び方が異なり、天台宗・真言宗・浄土宗・禅宗では「戒名」と呼びますが、浄土真宗は「法名」、日蓮宗は「法号」と呼びます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.