葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

形見分け(かたみわけ)

「形見わけ」とは、故人が生前に愛用していた品を、親族やごく親しい友人などの近親者に分けて贈ることを言います。「形見」は「思い出の品」という意味ですから、故人の思い出を偲びながら、生きている人間の受け継いで使い続ける、という供養のひとつと考えられます。

形見分けを行なう日には特に決まりはありませんが、忌明けに合わせて行なう場合が多いようです。

形見分けのしきたりは、包装しないで品物のまま贈ること、目上の方には相手が望まないかぎり形見分けはしない、ということです。

また、宝石等の高価な品の場合は、贈与税の対象となることもあるので、注意が必要です

形見分けの品を頂いても使いずらい…という声も多く聞かれるようになり、リフォームをする方も増えてきました。例えば、着物をリフォームしていくつかの小物に作り変え、皆で日常生活で使用できるようにする、といった感じです。タンスに眠らせておくより、常日頃から愛用たほうが、故人も喜んでくれそうですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.