葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

合掌(がっしょう)

葬儀が進行する中で、よく「合掌」という言葉が聞かれます。「合掌」というと皆、胸の前で両手のひらと指をあわせ拝む行為をしますが、どういった意味でおこなわれるものなのでしょうか?

現代では、葬儀以外で合掌する機会は少なくなっていると思いますが、合掌は本来、相手に対する尊敬や感謝、幸を祈る心をあらわす動作で、美しい礼儀作法のひとつです。

食事の前に「いただきます」と言って合掌するのは、無事に食事が出来ることへの感謝、食物の命への感謝、食事を作ってくれた人への感謝を表すものなのです。

合掌はインド古来の礼法で、仏教とともに日本へと伝えられました。インドでは、右手は食事のときに使い、左手は用をたすときに使う手とされているため、右手を清浄、左手を不浄な手としてきました。そういったことから、右手は清浄、神聖、仏を、左手は不浄、煩悩、衆生をあらわすようになり、両方の手をあわせることで、仏の世界と私たち衆生の世界がひとつになるという理想の姿をあらわしているのではないか、と思われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.