葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仮通夜(かりつや)

亡くなった当日の夜に、遺族や親族、またはごく親しい人だけで行なう通夜を「仮通夜」といいます。

これに対し、一般の弔問客を迎えて行なう通夜が「本通夜」となり、通常、死亡当日の仮通夜→翌日の本通夜→2日後の葬儀・告別式となります。

通夜は、故人と親しかった者たちが一晩中故人に付き添って、邪霊が近づかないように守りながら、故人との別れを惜しんだことがはじまりで、そういった意味から考えると、仮通夜のほうが本来の通夜の儀式に近いようです。

ロウソクの火を灯し、線香を絶やさないようにするのは、邪霊を祓う儀式のなごりで、今でも交替しながら一晩中ご遺体を見守る風習が残っています。

また、葬儀に参列できないときに、香典を通夜か仮通夜に渡すことがありますが、基本的には仮通夜に香典を持っていくことはありません。持参するとしたら、弔問客の接待用の茶菓子が一般的です。仮通夜に喪服を着て行く必要はありませんが、黒やグレー等の服で、肌が見えないものを着ていくようにします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.