葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

火葬許可証(かそうきょかしょう)

「火葬許可証」がなければ、火葬することは出来ません。

故人の住所地、本籍地、または死亡した場所にある役所で、死亡届と同時に火葬許可の申請手続きを行ないます。自宅から遠く離れた所で亡くなった場合は現地で火葬した後、遺骨を持ち帰ることが多く、そういった時には現地の役所で手続きを行い、死体火葬許可証の交付を受けます。

死亡届は7日以内に提出する決まりになっていますが、死亡届を行なわないと火葬許可証も交付されませんので、実際には死亡当日か翌日までには手続きされるようです。

同居の親族、同居していない親族、同居者、家主、地主、家屋管理人、土地管理人の順に届出が義務付けられていますが、提出は代理人でも可能で、最近では葬儀社の係員が行なうことが多いようです。

届出に必要なものは、死亡診断書(死体検案書)、届出人の印鑑ですが、ここで言う届出人は“届出義務がある人”のことで、提出を代行した者ではありません。

役所の窓口で、死亡届と死体火葬許可申請書を提出すると、火葬許可証が交付されます。火葬する際、火葬場の管理事務所へ提出すると、日付と必要事項を記入した後、遺族へ返されますが、これが「埋葬許可証」となり、納骨するときに必要となりますので、大切に保管するようにしてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.