葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

改葬(かいそう)

「改装」とは、いったん埋葬した遺骨を、他の墓地や納骨堂に移すことを言います。

改葬を行なう理由としては、遠方に住居を移す場合、他の宗教への改宗などの他、区画整理などによる墓地の移動などが挙げられます。

改葬には、現在、葬ってある場所(墓地等のある住所地)の役所から「改葬許可証」の交付を受け、移動先の役所に提出する必要があります

手続きの手順は、まず、移転先の管理者から「受入証明書」を、現在、埋葬されている墓地の管理者から「埋葬(納骨)証明書」を発行してもらいます。

次に、「改葬許可申請書」を移動先の市区町村役場に提出して「改葬許可証」の交付を受け、移動先の墓地(納骨堂)の管理者に提示し、遺骨を埋葬(納骨)します。

寺院のお墓から別の寺院のお墓へと改葬する場合は、それまで葬っていたお墓は閉魂法要(お魂抜き)をし、移動先の新しいお墓に開眼法要(お魂入れ)の儀式を行ないます

また、通常、遺骨は骨壺に入れて納められていますが、遺骨のまま埋葬して土に還っている場合は、両手で土をすくい、新しいお墓に移します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.