葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過去帳(かこちょう)

「過去帳」とは、戒名(法名・法号)、俗名、死亡年月日、享年(この世に存在した年数)が書かれた帳簿のことで、鬼簿、冥帳と言う所もあります

表紙は金襴の布製か唐木(黒檀など)で、“鳥の子和紙”という紙を用いて作られているものが最も多いようです。
ご家庭で故人の月命日を確認し、供養をするために用いるのは「日付入り」の過去帳です。

1日から31日までの日付が入っていて、命日の日付の頁に戒名等を記入し、見台(けんだい)にのせてお参りします。(過去帳そのものを拝むわけではなく、その日に亡くなった先祖の霊を供養するためのものです)

「日付無し」の過去帳は、主に寺院で用いられる年表式のもので、すべての檀家の記録が、死亡した順に記入されていますので、寺院にとってたいへん貴重な記録となります。

浄土真宗では、「故人の魂は浄土へと往生して阿弥陀如来さまとともにあり、位牌の中には居ない」という考えから、位牌は用いず、過去帳を使用します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.