葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

神棚封じ(かみだなふうじ)

「神棚封じ」とは、家族が亡くなった場合、神棚に白い紙を貼って封印することで、昔は家族以外の第三者によって行なわれていましたが、最近は家族がおこなうことが多いようです。

「神棚封じ」の間は、神棚の扉を閉じ、御神酒などのお供えや礼拝も遠慮します。「神棚封じ」は忌明けまで続き、忌明けとともに白い紙を取り除き、封印を解きます。

「神棚封じ」を行なう意味は、死のけがれが神棚に入りこまないように、とされていますが、この場合の“けがれ”は一般的に言われる汚いという意味ではありません。死というものは尊厳をもって扱われるもので、決して汚いものではないのです。

家族に不幸があると、人は落ち込み、元気をなくしてしまいます。人間のこういった状態(生命力が減退している状態)を「気が枯れ衰える=気枯れ(けがれ)」と言い、「けがれ」が神棚に入り込まないように白い紙を貼って防いでいるのです。

「神棚封じ」をするときには、セロテープ等で紙を貼り付け、ピンをさすことは避けてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.