葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

還骨回向、還骨勤行(かんこつえこう、かんこつごんぎょう)

「還骨」は人が火葬されてお骨に還った状態をいいますが、「還骨勤行」は、火葬された遺骨を、後飾り祭壇が設置された場所へお迎えするときに行なう儀式のことで、祭壇には、遺影、位牌、線香、ろうそく、供花、供物の用意をしておきます。

遺族、親族、会葬者が祭壇の前に集まり、僧侶による読経のあと、喪主から順に全員でお焼香をして故人の冥福を祈るものです。

本来、火葬場まで僧侶に同行してもらって行なうのですが、最近では省略されることも多く、告別式と同じ日に行い、その後、精進落としをするのが一般的になってきています。

「還骨回向」とは、火葬場から自宅に戻ってきた遺骨を、後飾り祭壇に安置したときに行なう法要のことです。火葬場に同行しなかった人に清めの塩、水を用意してもらい、(宗教や地域によって違いがありますが)邪霊が家に入り込まないようにしてから、自宅に入ります。

還骨回向の法要の頃には、故人が亡くなってから既に3~4日が過ぎていますから、すぐに初七日となります。そのため、今ではほとんどの方が初七日の法要をくりあげて、一緒に行なっているようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.