葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌明け(きあけ)

「忌明け」は、喪の期間があけることを言い、一般的に死後49日後を「忌明け」とするところが多いようです。

49日後とするのは、お釈迦様が49日のあいだ瞑想を続けてさとりを開き、新しく生まれ変わったという仏教の教えに由来するものです。

また、このとき菩提樹の下で7日ごとに場所を変えて瞑想したことから、7日ごとに法要を行い、故人の冥福を祈るようになりました。

人も死後49日後に生まれ変わり、浄土へと旅立つとされることから、忌明けにあたる49日の法要は、特に大切なものとされています。

忌明けのことを「満中陰」とも言います。

人が死んでから新しく生まれ変わるまでは、この世の者でもなく、生まれ変わってもいない中間的なところにいるとされ、その間を「中陰」または「中有」といいます。そして、49日後に生まれ変わりの日を迎えるので、中陰が満ちる=満中陰となるのです。

故人が善い世界へ生まれ変わることを祈り、供養するのが忌明け(満中陰)の供養です。遺族、親族、友人等が集まり、僧侶の読経、喪主から順に全員が焼香をした後、喪主が会食の席を設けるのが一般的です。

会食は法要に足を運んでくれた事への御礼の意味でもありますが、本来は供養のための仏事ですから、飲食ばかりに気を取られないにしたいものです。

また、この日を境に、白木位牌から塗りの本位牌になりますので、前もって準備をしておきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.