葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌中(きちゅう)

近親者が故人の死を悼み、身を慎んで喪に服す期間を「忌中」といい、通常、忌明けまでの死後49日間(神式の場合は五十日祭まで)を示します。

故人との縁が深い近親者が喪に服す期間のことで、一般的には二親等ぐらいまでと言われていますが、どこまでが範囲となるのかは、個人の考え方によるものです。

この期間は、結婚式などの晴れの行事に出席することは避け、死のけがれを近づけないということから、年始の挨拶や神社への参詣も控えます。

また、「忌中」に対して「喪中」とは、亡くなった日から1年後の命日までの期間のことを言うものです。

忌中に行なわれる法要を「忌中法要」と言い、亡くなった日から数えて7日ごとに法要を続けますが、 現在では49日目までの法要は省略されることが多く、初七日法要も葬儀当日、ご遺骨が戻ってきたときに同時に行なうことが多くなりました。

葬儀の日には既に死後3~4日たっているので、すぐに初七日を迎えることになります。仕事の都合や、遠方からたびたび集まっていただくのも大変なことから、現代の生活様式にあわせた方法といえます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.