葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

忌日(きにち)

人が亡くなった日のことを「忌日(きにち)」と言い、私たちがふだん使っている言葉に置き換えると「死亡年月日」ということになります。

「忌日」は「命日」とも言われ、死後100日後まで行なわれる7日ごとの法要を「忌日法要」と言います。7日ごとに法要を行なう理由は、「人は死後、7日ごとに小さな生まれ変わりをして、49日後に新たな“生”として生まれ変わる」という、古くからの仏教の教えによるものです。

お釈迦様が瞑想されるときに7日ごとに場所を変え、49日かけてさとりの境地をひらいた、49日をかけて新しく生まれ変わったという事に由来して、7日ごとに法要を行って故人の供養をする、という忌日法要につながったと思われます。

忌中法要は、次にあげる種類があります。

亡くなった日から7日目=初七日(しょなのか)、14日目=二七日(ふたなのか)、21日目=三七日(みなのか)、28日目=四七日(しなのか)、35日目=五七日(ごなのか)、42日目=六七日(むなのか)、49日目=七七日(なななのか)
49日後に生まれ変わるとされることから、七七日の法要は特に大切なものと考えられています。

また、亡くなった日から100日目にあたる「卒哭忌(そっこくき)」には、「百か日法要」を行います。「哭くことを卒業する」、つまり悲しい心に区切りをつけ、日常生活に戻る準備をする日のことです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.