葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

帰幽祭(きゆうさい)※神道

神葬祭が“聖域”である神社で行なわれることは絶対にないため、式場は自宅か斎場になります。

神道では、死亡したことを「帰幽」といい、故人の氏神(生まれ故郷の神)となる神社に「帰幽報告」を行ないます。
(故郷から離れている場合は、現住所の氏神に報告します)

「帰幽」とは、人が死ぬとその御霊(みたま)は幽世(かくりよ)に帰ってゆき、やがては祖先のもとに帰りつき、祖先の神々の仲間入りをする、ということに由来したものです。

故人の遺族は、けがれ(気涸れ・家族の死によって気が衰えはてた状態のこと)にあたるため、親族の年長者や親しい方に代理を頼み、神社の祭主に報告しますが、同時に神葬祭に際しての斎主の都合を伺います。

故人を殯室(ひんしつ・遺体を安置する部屋のこと)に移し、北枕に寝かせ、「案」という台の上に灯明と常饌(じょうせん・故人が生前好きだった物)、守り刀を刃が故人に向かないように置き、水、御神酒、塩、榊を供えます。「枕飾り」が整ったら、遺族、親族、近親者が「二礼二拍手(しのび手)一礼」をし、「枕飾りの儀」とします。

通夜の前にご遺体を棺に納める儀式を「納棺の儀」といい、ご遺体を棺に納め、棺のふたをしめて白布で覆った後、通夜を行なう部屋に移し、祭壇前に安置します。手水(ちょうず)で全員が身を清めてからお柩の前に座り、喪主から順に「二礼二拍手(しのび手)一礼」をして拝礼します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.