葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

清祓いの儀・五十日祭(きよはらいのぎ)※神道

神道では、亡くなった日から五十日目が忌明けとなります。そのため、忌明けにおこなわれる「五十日祭」は、仏式の「四十九日法要」と同様に大切な霊祭(神式でいう法要のこと)であり、盛大におこなわれるものです。

神道の「百日祭」「五十日祭」は、墓前で行なわれるため「墓前祭」とも言われており、墓前に米、塩、水、故人の嗜好品を供え、神官による祭詞奏上のあと、参列者が玉串奉奠を行ないます。

「清祓いの儀」は、神棚を封じていた白紙を取り去り、忌が明けて平常の生活に戻すための儀式で、本来は「五十日祭」の翌日に行なうものなのですが、最近では五十日祭とあわせて行なわれているようです。

故人の霊璽(れいじ・仏式の位牌にあたります)を、祖霊舎(仏式の仏壇に相当するもの)に移し、祖先神となる「合祀祭」も、この日に同時におこなわれるようになりました。

祖霊舎は、「五十日祭」を終え、新しい家の守護神となった故人の御霊を祀るものですから、購入する場合はこの日までには用意するようにし、神職にお祓いをして頂いてから、霊璽をお祀りします。

また、神道は火葬のあとすぐに埋葬していたのですが、今では五十日祭までに埋葬するようになり、埋葬祭には神職を招かなくとも良いとされています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.