葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

清め塩(きよめじお)

火葬場で荼毘にふされ、遺骨となって自宅に帰ってきた時、火葬場に同行しなかった第三者が塩をふりかけて清めることを「清め塩」と言います。

地域によってですが、葬儀に参列した人が、自分の家に入る前に塩で清める、という習慣もあります。また、会葬礼状には「清め塩」と書かれた小袋が付けられることが多く、「何を清めるの?」と不思議に思った方もいると思います。

ずっと昔、科学や医学の存在さえ知らなかった頃には、伝染病や感染症ということは解りませんから、“死”というものは伝染する、“死”に近づくと自分の身も汚される、という迷信がありました。

塩には防腐効果、殺菌作用があり、昔の人もそれをよく知っていましたから、そこからお清めに塩が使われるようになってきたようです。

現代では「お葬式には清め塩」という事が習慣になっていますが、実際には、仏教に「塩で清めましょう」というような教えはありません。清め塩にはいろいろな解釈の仕方があり、「習慣的に行なっているだけなら、廃止しよう」という動きもあります。

考えてみると、荘厳におこなわれる葬儀や、尊厳をもってあつかわれる“死”について、塩で清めなくてはならないような事は、存在しないのかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.