葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

供花(きょうか)

葬儀で生花を供えることを「供花(きょうか)」と言います。葬儀のときに、故人を偲び、成仏を祈りながら供える花は、美しい浄土を表すとされ、「この花のように美しい浄土へ向かってください」という気持ちを込めて供えられるものです。

ご本尊様を敬い、お供えする花の「供華(くげ)」から由来しているものですが、書き方と呼び方を変えて、区別するのが通例です。

これまでの“葬儀の花”といえば“菊”というイメージでしたが、今では故人の好きだった花をメインにすることが多くなりました。

また、祭壇を使わず、花を装飾した式場で行なう葬儀を希望する方が、年々増えてきています。

オリジナルの花葬儀を営む業者も数多く、美しく、心をこめたお見送りができるように、それぞれが工夫をこらしているようです。

“葬儀にも自分らしさを”という時代ですし、花の装飾法に特に決まりはありません。これから先も、こういったオリジナルの花葬儀は、希望者が増えていくと思われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.