葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

釘打ちの儀(くぎうちのぎ)

葬儀が終わって出棺する際、故人との「最後のお別れ」をし、お柩に「別れ花」を手向けたあと、遺族等の近親者の手によってお柩に釘を打つ儀式を「釘打ちの儀」と言います

喪主をはじめとして、故人との関わりが深い順に行ないますが、実際にはかなづち等で釘を打つのではなく、手で握れるくらいの小石を使って、一人2回ずつ、頭から足の方へ向かって行ないます。最終的にしっかりと釘を打ってお柩にフタをするのは、葬儀社の者が行ないますので、軽く打つだけで大丈夫です。

この間、儀式に加わらない方々は、部屋の外で待っていただき、儀式を終えてお柩が火葬へと向かう際には、合掌、礼をしてお見送りします。

小石は、死者が渡るとされる“三途の川”にある河原の石を意味し、無事に三途の川をこえてあの世にいけますように…という想いを込めて行なわれる儀式です。

こういった考えのものとにおこなわれる儀式ですから、宗教、宗派、地域によっては行なわない所もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.