葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

供物(くもつ)

神仏や先祖の霊など、信仰の対象となるものに供えられる物を「供物」と言います。

信仰の対象となる宗教、宗派によって供えられる物は違いますが、仏教では「香・花・水・灯明・飲食」がお供えの基本となります。

香はお線香やお香、花は生花のことで造花はお供えしません。灯明はロウソクに火を灯すこと、あとは水と飲食(おんじき)となります。飲食(おんじき)とは、菓子、果物などの食べ物をお供えすることで、なまぐさ物は避けます

仏様にお供えするご飯を仏飯(ぶっぱん)といい、炊きたてのご飯を“仏飯器”に盛り付け、一番先に仏様にお供えするものです。仏飯は特に大切に考えられていますので、朝以外でも、ご飯を炊いたときには仏飯をお供えしましょう。

仏壇から下げられた仏飯は、昔は庭に撒いて鳥に与えていて、これも“施餓鬼”という施しの供養となったのです。(もちろん、私たちも仏飯のおさがりをいただきます)

お供えしたものは、“仏様のお恵み”として、私たちが感謝していただきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.