葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

献花(けんか)※キリスト教

キリスト教の葬儀では献花を行ないますが、これは仏教の葬儀では焼香にあたるもので、献花にはカーネーションなどの茎が長くて白い花が使われます。

献花の作法は、①ご遺族に一礼して花を受け取る②献花台へすすみ、遺影に一礼する③ご遺族に一礼して席に戻る、となりますが、花の持ち方にも決まりがあります。①花部分を右にして受け取る。このとき、左手は上から茎を持つ形になります②そのまま献花台まですすんで一礼をしたら、時計回りに回して、花が点前になるようにして捧げます

キリスト教の葬儀に参列することはあまりないと思いますが、たいていの式場で、式の流れや作法が書かれたプリントを用意してありますので、心配ないと思います。

葬儀には洋装の喪服を着て参列し、数珠は持っていかないようにしてください。また、キリスト教の信者でない人は、一礼または黙祷をし、十字をきることはありません。

キリスト教の表書きは、「御霊前」または「御花料」となりますが、「御霊前」の場合は、黒白か銀色の水引がついたものを使い、蓮の型押しや、模様入りのものは使わないようにしてください

「御花料」の場合は、キリスト教専用の不祝儀袋を使います。十字架やユリの花が描かれたものなど、たくさんの種類があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.