葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

献香(けんこう)

「献香」とは、香を焚いて神仏に供えることを言います。

“香”はもともと日本にあったものではなく、仏教とともに中国から伝わってきたもので、仏像や経典ととも、538年にもたらされたものです。

はじめは仏事だけに使われていましたが、やがて神事にも使われるようになり、重要な宮中行事でも使われるようになりました。依頼、香は日本人にとって深いかかわりを持ちながら、長い年月を経て、現在に至っているのです。

香を供えるのは、その香りがかもし出す世界が浄土をあらわすため、と言われています。私たちが仏壇に“線香”をお供えすることは、とても身近な献香ですね。

“香”の原料となるのは、伽羅や白檀などの香木と言われる植物ですが、日本には無い種類のもので、たいへん貴重なものです。昔の人は、この香木を手にいれるために、海を渡るという大変な苦労を重ねていたのです。

日本には“香道”という、香をたしなむ作法があります。とても奥ゆかしく、心が落ち着く香りですので、機会があればぜひ参加してみてください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.