葬儀

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

香典返し(こうでんがえし)

香典をいただいた方に、返礼として品物をおくることを「香典返し」といいます。

本来は忌明け後、香典をいただいた方や葬儀でお世話になった方に、挨拶状とともに贈るものでしたが、最近では葬儀当日に会葬礼状と一緒に渡すことが一般的になっています。

よく“香典返しは半返し”言われるとおり、香典返しの品物の額は“いただいた香典の半額”というのが一般的で、当日は一律の香典返しの品物を渡し、いただいた香典の額によって、後日、お返しの品を贈るところが多いようです。一家の大黒柱を亡くした場合等は、香典返しは3分の1、または礼状のみでもさしつかえありません。

香典返しの品物としてよく用いられるのは、タオル、ハンカチ、緑茶、石鹸、椎茸、麺など、日常的に使える品物や消耗品で、会社への香典返しは、コーヒーやお菓子など、皆で分けられるものが良いでしょう。

最近では、“選べるギフトカタログ”を香典返しにする方も増えています。金額別にコース設定されていて、個人の好きなものを選ぶことができ、持ち帰るにも便利です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.